ブログ

より賢い思考の科学 l スティーブン・ピンカーによる AI と人間の知能

Recent Posts

自由まなぶ

6年前に大損した。家族には言えなくて独りひっそり、youtubeで儲かる話の動画を見てまた大損した。その後、メンターの動画を拝見して、この人だったらと思って、独りひっそり、引き寄せの法則、潜在意識、地球の波動、周波数の秘密を教わって、健康でお金に心配のない残り少ない人生を過ごします。これから謙虚に感謝の気持ちで日々学んでいます。

こんにちは、データ愛好家の皆さん、

お待たせしました。

私は、safegraph と gpflex capital の CEO、

Oren Hoffman です。

さらに多くの会話、動画、トランスクリプトについては、

safecraft.com/podcasts をご覧ください。

皆さん、こんにちは。

今日のゲストは、スティーブン・ピンカーです。

スティーブンは、言語学者であり、認知科学者であり、

ハーバード大学心理学部の教授です。

彼は、私が大ファンのベストセラー本「How the Mind Works」や

「The Blank Slate」、「Enlightenment Now」、

そして最近の「Rationality」など、

12冊の本の著者でもあります。

スティーブン、World of Dance へようこそ。

よろしくお願いします。

sponsored by Google

第1章: 計算理論の心理学

計算理論の心理学は、人間の知性を情報処理システムとして解釈します。知識、知覚、アイデアは、脳内のパターンと世界の事物との相関関係であると考えられています。例えば、犬を見たときと猫や木や鉛筆を見たときとでは、脳内の活動パターンが異なります。

sponsored by Google

第2章: 情報処理と制御の役割

知性の実現には、情報処理と制御のメカニズムが重要です。フィードバックを受け取り、目標を達成するために行動を調整します。例えば、犬を撫でたいと思った場合、犬が遠すぎることを感じ、歩くことで距離を減らす必要があります。

sponsored by Google

第3章:3. 人工知能と認知能力

技術の進化により、人間の認知能力にはどのような影響があるのでしょうか?人工知能は、計算力を提供しますが、情報過多や偏見などの課題も引き起こします。データの質と量が、科学と人類の進歩に重要です。

sponsored by Google

4. アカデミアと知的自由

アカデミアには、過度な自信や道徳的バイアスなどの課題があります。知識の客観性を保ち、偏見を避けることが重要です。常に真実を追求し、共通の知識を避けるよう努めましょう。

まとめ

文章を書き出し文から順番にまとめると、計算理論の心理学から人工知能の影響、そしてアカデミアと知的自由まで、より賢い思考の科学に関する魅力的な議論が展開されました。知性は情報処理と制御の結果であり、技術の進化は人間の認知能力に影響を与える一方で、アカデミアには知的自由と客観性の重要性があります。

私の人生を変えたおすすめ商品はこちら