ブログ

スティーブン・ピンカー氏: 人間の本性と白紙の状態

Recent Posts

自由まなぶ

6年前に大損した。家族には言えなくて独りひっそり、youtubeで儲かる話の動画を見てまた大損した。その後、メンターの動画を拝見して、この人だったらと思って、独りひっそり、引き寄せの法則、潜在意識、地球の波動、周波数の秘密を教わって、健康でお金に心配のない残り少ない人生を過ごします。これから謙虚に感謝の気持ちで日々学んでいます。

「The Blank Slate」という本は、

人間の心が白紙の状態であるという

考えに挑戦しています。

この考え方は、社会化や経験によって

形成されるとされる一般的な信念に疑問を投げかけます。

sponsored by Google

第1章: 白紙の状態の論争

20世紀に影響を与えた「白紙の状態」の理論は、多くの議論を引き起こしました。著名な人々の引用を通じて、この考え方の歴史と影響を探ります。

sponsored by Google

第2章: 科学的知見と常識

子供の行動や性格には遺伝的要素があることを示す科学的研究が増えています。同時に、日常の経験からも、環境だけでは説明できない要素が存在することが明らかになっています。

sponsored by Google

第3章: 遺伝学と人間の複雑さ

遺伝学や神経科学の進歩により、人間の脳の複雑な構造が明らかになりつつあります。一卵性双生児の研究からも、遺伝的要素が人間の行動や考え方に影響を与えることが示されています。

sponsored by Google

第4章: 政治と白紙の状態

白紙の状態の理論は政治的な議論にも影響を与えています。この考え方が持つポテンシャルとリスクについて考察し、現代社会における意義を探ります。

まとめ

人間の本性が白紙の状態であるかどうかに関する議論は続いています。科学的知見と日常の経験から、人間の行動や性格には遺伝的要素が含まれることが示されていますが、環境や社会も同様に重要です。政治的な議論においても、白紙の状態の概念は平等や不平等の問題に影響を与えていますが、それに対する理解と議論が重要です。

私の人生を変えたおすすめ商品はこちら