ブログ

【悟り】啓蒙の時代: 理性の時代の説明

Recent Posts

自由まなぶ

6年前に大損した。家族には言えなくて独りひっそり、youtubeで儲かる話の動画を見てまた大損した。その後、メンターの動画を拝見して、この人だったらと思って、独りひっそり、引き寄せの法則、潜在意識、地球の波動、周波数の秘密を教わって、健康でお金に心配のない残り少ない人生を過ごします。これから謙虚に感謝の気持ちで日々学んでいます。

啓蒙時代とは、17世紀後半から

18世紀後半にかけてヨーロッパで

起こった思想的な革新であり、

科学、芸術、政治、社会が根本的に変化しました。

sponsored by Google

第1章:ルネサンスから啓蒙へ

  • 啓蒙時代は、人文主義に基づく啓蒙思想によって導かれました。中世の神秘主義から人間精神の合理性への移行が特徴的でした。
sponsored by Google

第2章:科学革命の継承

  • 啓蒙時代は科学革命の発展とも関連しており、ニュートン、ガリレオ、ボイルなどの科学者が数々の発見をし、啓蒙思想家がこれを更に推し進めました。
sponsored by Google

第3章:政治と社会の変革

  • 啓蒙時代は政治理論においても重要であり、モンテスキューが三権分立を提唱し、ルソーが社会の構造を批判しました。
sponsored by Google

第4章:社会の多様性と平等の追求

  • 啓蒙時代は社会的な変革ももたらし、奴隷制度の廃止運動や女性の教育促進など、平等と多様性の追求が起こりました。

まとめ

啓蒙時代は、伝統や迷信に対する理性の勝利であり、近代化の礎となりました。

私の人生を変えたおすすめ商品はこちら