ブログ

【悟り】啓蒙のすべて 理性の時代

Recent Posts

自由まなぶ

6年前に大損した。家族には言えなくて独りひっそり、youtubeで儲かる話の動画を見てまた大損した。その後、メンターの動画を拝見して、この人だったらと思って、独りひっそり、引き寄せの法則、潜在意識、地球の波動、周波数の秘密を教わって、健康でお金に心配のない残り少ない人生を過ごします。これから謙虚に感謝の気持ちで日々学んでいます。

啓蒙、またの名を理性の時代として

知られるこの時代は、西洋文明史上重要な

時期であり、ルネサンスに続くものでした。

啓蒙は約1600年代半ばから1700年代末まで続き、

人間の理性が称賛された時代でした。

sponsored by Google

第1章: 啓蒙とは何か?

啓蒙は西洋文明の歴史における重要な時期で、ルネサンスに続くものです。大まかには17世紀中頃から18世紀末まで続き、人間の理性を称える時代でした。

sponsored by Google

第2章: 啓蒙の父たち

フランシス・ベーコンとルネ・デカルトは、啓蒙の父として称されるふたりです。ベーコンは科学の合理的なアプローチを促進し、デカルトは理性と数学を強調し、科学の真理を発見する方法として提示しました。

sponsored by Google

第3章: 科学の進化とニュートンの輝き

啓蒙時代には、アイザック・ニュートンを含む多くの科学者が重要な貢献をしました。ニュートンは、光学や万有引力の法則など、科学の基礎を築きました。

sponsored by Google

第4章: 生物学の進歩と分類学の誕生

アントニー・ファン・レーウェンフックやカロルス・リンネなど、生物学や分類学の分野でも進歩がありました。リンネの生物分類学は現在も使用されています。

まとめ

啓蒙時代は、人間の理性と科学の進歩が重要視され、新しい知識と思想が生まれました。この時代の貢献者たちは、現代の科学と社会に多大な影響を与えました。

私の人生を変えたおすすめ商品はこちら